« 公開質問状 鳩山 民主党新代表 殿 | Main | 6/3の記事の回答 »

新聞業界「押し紙」問題

リンク: 週刊新潮「新聞業界」最大のタブー「押し紙」を斬る!

発行部数と販売店から実際に各戸に配達される数とに開きが有る、
ということは知られている(もちろん新聞社は否定)が、
こんなに開きが有るとは驚き。

ただ、数々の捏造記事で裁判沙汰起こしてる(で、敗訴が多い(^^;)週刊新潮、
お前が言うな!と言う気もするが。
#赤報隊の記事でケチがついて編集長が変わったから、起死回生ねらい?
各新聞社は新潮社に対し抗議文を送っているようだが、
新潮社側も裁判辞さずの構えのよう。

一方で執筆したジャーナリストのwebサイトではこんな証拠も示されている。
この方、読売との裁判で勝訴している。

**********************

一部で毎日新聞が破綻寸前、との噂が流れているが
この「押し紙」問題が表沙汰になると広告費が激減するだろうから、
実際何社かはつぶれるかもね。

|

« 公開質問状 鳩山 民主党新代表 殿 | Main | 6/3の記事の回答 »

Comments

雑誌の公称発行部数水増しが酷いのは、業界では有名な話。
「公称部数は実部数の2〜10倍」というのが通説。
新潮も人の事言えるのやら?

Posted by: jun | June 05, 2009 05:50 PM

あ〜、やっぱり業界では有名な話なのね。
でも裁判沙汰にいくつかなってるようなので、
表沙汰になると新聞社やばいよね?

Posted by: nal | June 06, 2009 11:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新聞業界「押し紙」問題:

« 公開質問状 鳩山 民主党新代表 殿 | Main | 6/3の記事の回答 »