« September 2010 | Main | November 2010 »

Xantiaおぼえがき

2010年9月25日 108,529km
ブレーキ関係オーバーホール他@ヴォワチュレット
・前後ローター、パッド交換
・ABSセンサーリング交換(中古)
・キャリパーOH
・サイドブレーキスプリング交換
・LHM交換
・フロントスフィア交換

2010年10月24日 109,900km
リアサイレンサー交換@自宅
モダンサプライより購入し、自力で交換

Xantia101024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バスケットでもカンフー炸裂!ブラジルとの親善試合で大乱闘—...

リンク: レコードチャイナ

2010年10月12日、中国の河南省許昌市で開催された男子バスケットボールの中国対ブラジルの親善試合で乱闘が起こり、ブラジルチームが試合を放棄するという騒ぎがあった。スポーツニュース専門サイト・華体網が伝えた。

つづき。
<続報>大乱闘中国バスケ代表=相手のブラジル代表は大使館に被害訴え

さらにつづき。
<続報>大乱闘で試合放棄!「カンフー」バスケの選手らにモラル教育の処分

こちらが動画

ちなみに朝日、産経、読売、毎日のサイトで「中国 ブラジル バスケットボール」で検索しても、この件はゼロ件。日刊スポーツ、スポニチ、スポーツ報知でも同様。一方「China Brazil basketball」で検索するとAFPESPNミラーWSJBBCCNN(動画)台北時報などの他、中国国内でも報道されている。

国内マスコミは最近、中国の不祥事に関する記事を意図的に隠している。これは一例。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界各国のマスメディアへの信頼度

リンク: Garbagnews
調査結果は世界数十か国(80か国以上)が参加して実施している国際プロジェクト「世界価値観調査」によるもの。各国・地域毎に全国の18歳以上男女
1000サンプル程度(実際には1000〜2000人程度)の回収を基本とした個人対象の意識調査。調査そのものは2005〜2006年にかけて行われて
おり、該当冊子は先行して集計が終わった25か国分のデータが収録されている。

(中略)
「非常に信頼する」「やや信頼する」を足して、そこから「あまり信頼しない」「全く信頼しない」を引き、各組織・制度の信頼度(DI値)を算出することにした。要はこの値が大きいほど、その国では対象の組織・制度が信頼されていることになる。

詳しくはリンク先を見ていただくとして、ここでは主な国の数字を拾ってみた。
     新聞雑誌  テレビ
日本     47.9%    37.9%
中国     35.5%    42.6%
アメリカ  -50.3%    -50.3%
イギリス  -71.8%    -35.3%
フランス  -23.7%    -30.6%
ドイツ   -40.7%    -30.7%
イタリア  -48.8%    -65.0%

日本の信頼度が突出していることがわかる。これは大変憂慮すべき事だと思う。外国のTVニュースや新聞と比較して、日本のマスメディアは非常にレベルが低く、捏造が多く、また偏向が大きい(それも、会社毎ではなくみな同じ方向にバイアスがかかっている)のに、信頼度だけはやたら高い。北朝鮮のニュースを人ごとのように笑っているが、日本の報道も似たり寄ったりである。

中国や韓国からは先の戦争に対する反省や謝罪がいまだに求められ続けているが、日本人が最も反省すべきなのは、マスメディアを信頼しすぎていることではないだろうか?朝日新聞をはじめとした新聞社がさんざん煽ったことが日本が太平洋戦争へ突っ込んだ要因の一つだし、また、現在もあれだけ幼稚な政権運営しか出来ない民主党に政権を取らせたのも、マスコミが正確な報道を行わなかったためである。
【これまでも何度か書いているが、昨年の衆院選民主党マニフェストのベースとなるINDEX2009についてマスコミが報道していたら、まず民主党の圧勝は無かっただろう。】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菅首相「大風呂敷広げさせていただいた」

リンク: 政治ニュース : nikkansports.com.
社民党の重野安正幹事長は「意気込みは買うが、実際の行動が伴わなければ信を失うだけだ。大風呂敷を広げたと言われないだけの実績を残せるか」とただした。

 これに対し首相は、かつての連立相手からのひとごとのような指摘にカチンときたのか「20年先送りされてきた課題は、民主党だけ私1人だけでできるとは思っていない」と老眼鏡を外し、色をなしてまくし立てた。

 その上で「経済成長」など5つの重要政策課題の実現を掲げたことについて「国会の熟議で越えていこうと全議員、全国民に訴えたいので、大風呂敷を広げさせていただいた」と説明、理解を求めた。

はい?

三省堂web辞書より
おおぶろしき【大風呂敷】
▼〜を広・げる

       
           
大げさなことを言う.ほらをふく

「所信表明で私はほらをふきました」宣言?

追加。
管首相、水の飲み方がおかしいですよね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尖閣諸島問題めぐり東京などで反中デモ

リンク: CNN.co.jp
尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐり、日本では東京など7都市で2日、中国に対する抗議デモが行われた。

日本国内のマスコミは完全スル〜。
約2700人が参加したとのことで、
規模が大きく全国に飛び火する危険を察知してか、
政府から報道規制がかかったようですね。

こっちはCNN英語版
英語版はずいぶん内容が濃いですなぁ。署名もあるし。
ちなみに、こちらはWall Street Journalの記事
人数も書かれておりさらに詳しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

"政治主導”のなれの果て

リンク: ダイヤモンド・オンライン.
尖閣諸島問題を巡る政権の混迷の陰に隠れていますが、政府内では経済政策の司令塔を巡る混乱もひどくなっています。その両者に共通するのは、政策決定プロセスの混乱と崩壊です。“政治主導”の美名の下で“その場しのぎの政策決定”が繰り返されているのです。

一事が万事。こう言うグダグダ具合は昨年民主が衆議院選挙に勝つ前にも十分わかっていたことだが、マスコミは隠蔽し続けていた。そして、今も隠蔽し続けている。

昨年の選挙で民主に投票した人、どう考えてるんでしょう?
これでもまだ「自民よりまし」ですか?
「自民よりまし」の根拠はマスコミに刷り込まれたんじゃないですか?
曲がりなりにも60年平和を維持し続けた政党ですよ。もちろんあのままで良かったとは私も全くおもってないですが、1年でここまで日本を危険に陥れる政党と比較するまでもないでしょう。いいかげん、目を覚ましましょうよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »