「王家」の問題

NHK大河ドラマ「平清盛」で使われる「王家」という言葉が物議をかもしているようです。

私もこのドラマを見ていますが、この単語には違和感があります。以下私見を述べます。間違った解釈もあるかもしれません。その場合、ご指摘いただけるとありがたいです。

問題があると思われる点は以下の四つ。
(1)単語の定義
(2)黒田論文
(3)王と皇の使い分け
(4)王家は一般単語

(1)単語の定義
まず問題の第一はNHK自身がこの単語の定義付けをあいまいのまま使用していることです。
現段階で、天皇一族に関しては、
・白河法皇
・鳥羽上皇
・崇徳天皇
などが登場していますが、「王家」が何を示しているのかが曖昧です。
例:「王家の犬」
  ドラマでは「院」を指しており、天皇やその家族を指していない。
例:番宣等では「朝廷」を「王家」と置き換えている
  この時代では特に院と朝廷は違うモノ(というか敵対している)で、矛盾する。
さらに一方で、天皇一族全体を「王家」と言ってる場合もあります。

(2)黒田論文
今回の批判に対しNHKは、歴史学者の黒田俊雄氏の著書や寄稿で、中世の日本での天皇一族について「王家」という単語を使っていることを理由のひとつとして取り上げています。

しかし、これは「公家」「寺家」「武家」などと比較するための院政期の特定学術用語で、黒田氏以外に学会でコンセンサスが取られている用語とは到底思われません。
#一時フォロワーが出てきたが、鎮火した。
また、中世の史料には皇室、朝家、君朝、などの表記はありますが、王家はありません。

付け加えると、黒田氏自身、昭和天皇の戦争責任論を主張してたり、天皇(制)批判してたりしてます。こう言う方の主張・単語を採用し理由付けとするのはNHKとしては不適当ではないでしょうか?

(3)王と皇の使い分け
中世より「皇」と「王」の文字の使い分けがされています。
例えば清盛の時代では有名な人物として「以仁王」の例があります。また現代でも「文仁親王」「真子内親王」などで使われていて、「天皇」「皇后」「皇太子」など皇の字を当てる場合との区別が明確にされています。「王家」と言ってしまうと、皇の文字を使う人物をどう取り扱うかが問題になります。

(4)王家は一般単語である
ただ、中世の天皇一族をズバリ言い表す単語があるかというと、なかなかしっくり来るものがないのも事実です。そこで造語するのも致し方ない部分ではあります。しかし、「王家」は一般単語で、外国の王族に対しても普通に使われています。
#私なんかは真っ先に「王家の紋章」が思い浮かびました。

また、天皇は他国の諸王とは格が違うのに、王家としてしまうと一段格下に落とすことになるのでは?という懸念が浮かびます。特に最近のNHKは反日親朝鮮寄りの言動が度々見られるため、李王朝との関係から、このような単語をごり押ししてるのではないか?と疑いを掛けられています(韓国朝鮮では天皇の事を「日王」と呼んでますね)。

以上よりNHKは本ドラマで王家を使うべきではないし、使うならもう少し理路整然とした理由付けをし、定義を明確にするべきでしょう。

追記:「皇家(おうけorこうけ)」「院宮家」などはどうでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スター・トレック(ネタバレ無し)

リンク: Wikipedia.

今日、映画スタートレック見てきた。
いや〜、非常に良かった。
すべての人にお勧め。

私はトレッキーと言われるほどのファンではないのだが、
一応、宇宙大作戦(TV版)をちらほらと、
映画板TOSシリーズ6作品は見ている。
そのくらい前知識が有れば、感動の嵐だし、
全く見ていない人でも普通のSFとして十分楽しめる。

ただ、やはり背景がわかっていた方が面白いだろう。
時間があれば、
ちょうどBS2で宇宙大作戦が放送されているのでそれと、
DVDで2作目「カーンの逆襲」と
4作目「故郷への長い道」を見ておくと良いと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地デジカとアナログマ

地デジ親善大使の後継として登場したメインキャラ「地デジカ」くん。
サイトはこちら※あ、あれ〜?
いつリンク切れるかわからないのでお早めにご鑑賞を(^^;
<追記>モザイクかけちゃったみたいですね。

以下、関連ページ
“地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連
「地デジカ」の衣装は「スク水ではない」と民放連

一方、対抗キャラ(?)の「アナログマ」くん。
キャッチフレーズは
「アナロ熊は著作権完全フリー。どこぞのシカとは度量が違います。」
サイトはこちら


※本物はこっち
ドメインぐらい確保してから発表しろよ?(笑)>民放連

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式

リンク: 公式サイト

Thumb_bubblego

(ネタバレ無し)
期待せずに見て来ましたが、良い意味で裏切られました。
1990年あたりの設定なので、30歳代後半以上の人にはかなり楽しめます。その年代の方々にはおすすめ。

たまたま今日、スカパーで「彼女が水着に着替えたら」(1989年の映画)やってたのでちょっと見ましたが、バブリー(^^;
ホイチョイはこの頃バブルな時代を題材にした映画をいくつか作ってますが、「バブルへGO」は自己パロディーみたいな所もありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大河ドラマ「風林火山」

今年の大河ドラマ風林火山、
久しぶりに非常に面白く見てます。

もともと存在自体疑問視されていた山本勘助が主人公ということで、
(一応その人物名を記した古文書参考)が見つかってますので、
 実在はしたようです。実際は軍師ではなく
 伝令将校みたいな役職だったようです)
また「捏造ドラマ」か?と思いましたが、
なかなか史実に沿って物語を進行してます。

歴史オタクとして、
何よりもこれまでと違った視点で人物が出てくるのが楽しい。
先週より登場した今川義元も、
これまでのドラマでは
「桶狭間で信長の奇襲に敗れた公家臭い無能大名」
というレッテルで演じられる事がほとんどでしたが、
今回は策略・謀略家として非常に切れる人物
(実際そう言う人物だったようです)
として描かれています。

これまでの戦国ものはほとんど戦国後期、
信長〜秀吉〜家康ライン(1560年〜1610年あたり)の話ばかり
(功名が辻もそうですね)でしたが、
今回は戦国中期(1520年〜たぶん1570年あたりまで)と
ちょっとめずらしいですね。
時代的にも当然なんですが、これまでのようにやたら女性が旦那に口出しして、
反戦をテーマにしたものでないのも好印象です。

ただ、かなりマニアックな登場人物と描き方をしているので、
一般受けするかは不明。視聴率は心配です。

これからいよいよ諏訪がクローズアップされてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スーパーマン リターンズ

リンク: 公式ホームページ
見て来ました。面白かったです。
(以下、一応ネタバレ無しのつもり)

前作映画版1、2が好きな人は満足出来ると思います。また、できればDVD等で少なくとも1は見ておくべき。限りなく1、2に続く続編「3」の内容になってますので。(前作は3、4まで作られてましたが、この2作はカウントしたくないファンも多いし、本作品もほぼ無視してますね。)

ただ、残念ながら本国では今ひとつ興行収入が上がっていないとのこと。パイレーツ・オブ・カリビアンにやられてるらしい。明らかに続編作る気満々の内容でしたんで、がんばって作ってもらいたい所です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハチミツとクローバー

リンク: 映画『ハチミツとクローバー』公式サイト.

B000f8o5i001_scmzzzzzzz__1

昨日からロードショー開始された「ハチミツとクローバー」を見て来ました。

蒼井優の天才っぷりがすごいですね。マンガ原作にありがちな破綻気味な脚本や、場面のつながりのいまいちなところ、主演男優の大根ぎみなところなど、「?」なところもありましたが、蒼井優の存在がそれを補ってます。今回、原作は軽くあらすじを確認するぐらいで見たんですが、原作にのめり込んでる人以外には満足出来る映画じゃないでしょうか。

最近の女優では宮崎あおい、鈴木杏、蒼井優、ちょっと上だと菅野美穂あたりが上手いと思うんですが、できる役の幅広さ、というか、役への解釈の深さでは蒼井優が一番かな?と、今回の映画を見て思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

(ネタバレ無し)
本日公開の最新作を早速見てきました。
いままでの4作の中では一番好きです。
2時間40分弱と長い割には飽きる所もなく、
展開もバラエティに富んで良かったです。

今回、監督が変わりましたが、成功と言えると思います。
ただ、子供には難しい話になってきましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NANA

リンク: NANA.
見てきました。最初は「タッチ」を見に行くつもりでしたが、原作ファンの評判がすこぶる悪いようで(^^;、評判の良いNANAの方に変更。

原作の大筋は知ってましたが、ここはある程度読んでおく方が良いと思い、昨晩マンガ喫茶で4巻まで読んでから望みました。

結果。
原作は4〜5巻くらいまで読んで行った方が楽しめます。その原作が面白くない人は映画も面白くないでしょう。主演級役者は宮崎あおい以外はド下手(ただし中島美嘉は歌の場面は◎)。でも制作者側がみんな原作をリスペクトしてるのが良く伝わって来て、見てて不快ではなかったです。結構気持ち良く見れました。80点かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

STAR WARS EPISODE3

050625_21210001.jpg

先々行ロードショーがアイシティでやってたので見て来ました。
以下、ほんの少しネタバレがありますので、気にする方は読み飛ばして下さい。

----------
えーっと。
まあ、後のエピソード4が既に映画となってますので、
予想通り、予定通りの筋で進むしかないわけでして、
はずれも無いかわりに当たりも無し、と言った感じでしょうか。

ただ、エピソード1、2と比べると筋がしっかりしている(当然ですが)ため、
どっしりした安心感が映画全体にあった気がします。
エピソード4にはかなわないけどエピソード1、2よりはいいんじゃないでしょうか。
感動したか、というとそれはなかったですね。
あー、シリーズが終わったんだな、と言う感慨の方が大きい(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧